ホーム
> ウイングのご紹介>Get Wellness運動とは


ゲットウエルネスロゴマーク

アメリカでは、国を挙げての健康教育が1970年代から実施され、1990年を境にがんをはじめとした生活習慣病が減少するという、素晴らしい結果が得られてきています。
これは単に医療・検査技術の発達だけではありません。
人間が本来持つ修復能力に注目し、必要な栄養代謝の研究について国をあげて取り組みました。そしてその結果の教育を国民に広め又、医療機関に徹底したことが大きく貢献しています。

一方、私たち日本ではどうでしょうか?アメリカとの医療・検査技術の差はないのに、がん、アレルギーの増加、肥満化傾向による病気リスクの高まりなど、生活習慣病はますます増える傾向にあります。

国を挙げての本格的な取り組みを待つのではなく、私たち自身で「ゲット ウェルネス運動」を展開して、自分たちの健康は自分たちで守っていかなくてはならないと思います。

「快適なくらし」「健やかな毎日」「より美しく」を実現するためにもみんなで「ゲット ウェルネス運動」を広めていきましょう。