ホーム
> 製品のご紹介ヘルスケア >AHCC
< <製品紹介に戻る



AHCCは、高度なバイオ技術を用いキノコ(担子菌類)の菌糸体を培養して抽出されたもので、1989年に(株)アミノアップ化学で開発されました。
AHCCの名称は、Active Hexose Correlated Compound(活性化された糖類関連化合物)という語の頭文字に由来します。
AHCCは、(株)アミノアップ化学で厳重な安全衛生・品質管理のもと製造されており、国内はもとより、世界数十カ国で愛用されています。



ウイングでご紹介しているフィトイムノAHCCメディは、(株)アミノアップ化学のご協力のもと、AHCCに無臭ニンニクと大豆イソフラボンを加えてあります。
<ピュアヘルス フィトイムノAHCCメディ>
◆1袋中の内容成分
 *AHCC細粒・・・1.6g相当の担子菌抽出物
 *無臭ニンニクパウダー・・・80mg
 *大豆イソフラボン含有パウダー・・・400mg
    (大豆イソフラボンとして4.95mg)


AHCCに関する共同研究は、国内はもとより、アメリカ、イギリス、中国、韓国、台湾、タイ、ニュージーランド、その他各国において繰り広げられており、その成果は多くの学会や学術雑誌などで詳しく発表されています。

NUTRACON賞とは、アメリカにおける機能性食品や化粧品、医薬品のトップレベルの専門家達で構成された、学術交流・情報交流を行う全米最大のイベントで、その年のベスト新製品に贈られるものです。
科学的メリット、効果、安全性、発明の斬新性、市場の可能性等を選考基準に、300を上まわる参加製品(2002年度)の中から厳正な審査を経て選ばれた名誉ある賞です。
 
< <製品紹介に戻る